レコーディングとは?

レコーディングとは、通常、空気の疎密波を形の数種類変える行為を、指さします。
そして、記録します電気の光学の身体的な構造に。
年をとっていました。
そして、アナログの記録による身体的な構造への転換は、行われました。
摩滅が、中で、再び記録から音を再生させた出力が小さかった。
そして、また、磁気媒体でその後電気信号を録音する方法に、電気信号をデジタル化した。
身体検査で中間のものは電気的にそれに連絡して、拡大するようになったことを思いついて、変わったに魅力があるそれを記録する光学的媒体に。
近年は、また、電子媒体(メモリカード)への記録装置は、見られます。
記録的なスタイルの多様化によって、適用できるフィールドの幅は、堅実な収集の内容と記録(例えば会話または会議)、パフォーマンスと映画(放送ならびに生産、CDのような音楽の専用の媒体の販売使用またはMD毎日)のようなもののようなマスメディアのインターネットまで広いです。

レコーディングというとなんだかかっこいい感じがしますが、簡単にいうなら録音の事です。
これは音を記録媒体に記録するという事です。
アーティストなんかに一番馴染みの深いものになっています。
というよりその他はあまりなじみがないものかもしれません。

レコーディングの始まり
copyright(C)RECORDING HISTORY