機材について

レコーディングの機材というものがあります。
そこで今回はこのような機材について紹介しようと思います。

「MTR」
マルチトラック・レコーダー(Multi Track Recorder)の省略形によって、そこにある若干のトラックは、別々の楽器の音を録音することができます。
後で記録によって録音した各々の楽器の音を管理するために別にそれを記録することが必要です。
したがって、MTRを使うことが必要です。

「ミキサー」
一括して入力した複数の音を出力している機械部品は、ミキサーであるが、彼らがそれを集めるとき各々のボリュームと音質を調節することによって、それを出力することができます。
それをしばしば使います。
ある程度音を集める、そして、MTRが音質を調節するためにそれを記録する前に記録によってMTRで別に録音される楽器音を処理するために使います。

「エフェクター」
効果器は、音を処理するために、機械部品でプロセスまで方法によっていろいろな効果器を持ちます。
記録によって、MTRでそれを記録する前に、音を機械化します。
そして、MTRの音を処理するときそれを処理するとき、いろいろな場面の中で必要である機械部品です。

このほかにもマイクやスピーカーといったものも必要になっています。

歴史について
copyright(C)RECORDING HISTORY