歴史について

1つの使用について1992年に発表されるミニディスク(MD)に磁気テープ媒体が椅子を手渡すかどうかにかかわらず、見られました。
「誰でも使えます、そして、記録・再生は喜んで可能です」。
しかし、便宜が評価されたが、MDのランダム・アクセス特徴に対して音質側作品の上でパフォーマンスの低さなしで現在でそれに着きます。
そして、完全にふさわしい発展の起源であるソニーをもつ日本さえ日本からの十分のように見えることなく動いて、もの移動装置の分野の後期に記載にICレコーダーとデジタル・オーディオプレーヤーの記録サポート・モデルで市場を奪われ続けます。
同期間でアナログ磁気テープを交換しそうだったものはデジタル・オーディオにMD以外のどんな場所でもテープ記録させ(DAT .1987年標準設立)ました。
音質側でプロユース(専門家による使用)のために支えられたが、パフォーマンスの極みが音楽著作権グループによって逆に質問に持ってこられて、制限なしで2000年代に消えたことは発生(標準少し)に似ていたデジタルコンパクトカセット(DCC)で広がって消費者向けモデルと例えば混乱(SCMS)で記録機能に加えられました。
MP3のような元に戻らない圧縮方法によって音声録音方法の急激に進んで、1995年のMicrosoft Windows 95の発表の後、リリースによるコンパクト・カセットプレーヤーとデジタル・オーディオプレーヤーの開発から代用を持ち始めたパソコンとスプレッドを加えますからだいたい、1990年代の、そして、また、日本から終わり、記録機能がある形の記録装置として磁気テープを使っている記録装置から、MP3プレーヤーの一部は代用で見られます。
2000年代が始まったあと、ICレコーダーと線形PCMレコーダーへの代用は見られます。
多くのMDユーザーがいます。
しかし、それになることはICレコーダーの小さな大規模中を進みます。
そして、PCとの協同がよいので、会議とパフォーマンスの記録のような長い間の間記録の使用に関して主に使われる傾向はメディアを日本で得るために楽であることによって再び見られます。
後に、そのほかに、ビデオ・カメラ(一般的な家族で減少を記録するための記録的な製作だけと呼ばれている使用)のスプレッドで、そして、同じことで音と絵を記録することは、自然になります 。

機材について軍にも使われた技術
copyright(C)RECORDING HISTORY