レコーディングの始まり

年をとっていました。
そして、落語のような音による情報について、中国の詩、民話、音の説明は仏像関係と人の声のイミテーションのような行為のプロの朗誦者と弟子によって噂で学習によって伝えられました。
しかし、時代の変更による正確な再生と呼ばれている面の困難が、ありました。
音楽に関しては、プレーヤーが得点の助けを借りてだけ構成の人の意図を解釈したということを、観衆は楽しみました。
音楽の部分「出版社」(人)の然るべき請求者に電話をすることは、得点で回っていた音楽を残す抵抗です。
1877年にコラム・タイプ類似物記録を開発していたトマス・エディソンで、記録の歴史は、始まります。
1857年のエド・アード・レオン・スコットによるフォノトグ背側と呼ばれている装置がありました。
しかし、音を波パターンの数字に変えた地震計のようなデバイスではの時にまして音を再生させることが、フォノトグ背側はできました。
ほとんどディスクを使っている本当にフランスのギ・シャルル・クロスは、エジソンの記録装置発表のおよそ4ヵ月前に、メカニズムの記録装置に関する記事を発表しました。
しかし、利用できる本番を完了したことが本当に点エジソンであったので、「記録装置の発明は、エジソンであると言われているようになります」。

軍にも使われた技術レコーディングとは?
copyright(C)RECORDING HISTORY