軍にも使われた技術

そのうえ、サイレント映画であった映画のために音を録音したトーキーは、1927年にその時まで発明されました。
これは、光学的に絵を記録した映画の空白の一部の上で、音声信号を記録しました。
アナログの記録の世界が、ほぼ1世紀でその後広がります。
磁気テープは1938年にドイツで開発されて、オランダ社のフィリップスが磁気テープを1963年のカートリッジにしたコンパクトなカセットを発表しました。
そして、これは記録需要を記録している将軍によって使われるようになりました。
当時の磁気テープはテープ材料に関して延ばすのが簡単で、繰り返しの記録・再生によって悪化させるだけであるのが簡単でした。
したがって、記録が排他的に支配的だったために、繰り返しの再生が必要とされたメディアは考慮されました。
この磁気テープと記録の時代を突然変わらせたことは、フィリップス社の共同開発と1979年のソニーによるコンパクトディスク(CD)の発表です。
ソニーはすぐにアナログの記録の作品を折りました。
そして、傷とちりはそれでいっぱいでありえました。
そして、弱かったです。
そして、10年後、ディスク、プレーヤー、アナログの記録(例えばディスクジョッキーとハイファイ愛好家)のサブストレートがあるので、針が現在詳細に続ける記録の生産とともに通ることなく、再びそれを繰り返して、それを使うならば、着られた記録はCDを交換しました。

歴史についてレコーディングの始まり
copyright(C)RECORDING HISTORY